広背筋を鍛える効果とメリット~男なら心も背中も広い人間であれ!~

広背筋を鍛える効果とメリット~男なら心も背中も広い人間であれ!~

 

男なら一度は逆三角形の体への憧れがあったのではないでしょうか。

逆三角形の体はスーツなどビシッとした服装がとてもキマります。

またなんといっても背中(広背筋)を鍛えている人は後ろ姿がカッコいい。男性なら背中で語る男、女性なら後ろ姿美人でしょうか。

 

背中(広背筋)の筋トレは意外と見落としがちで実践しない人が多いように思います。

背中(広背筋)を鍛えると見た目はもちろんのことですが日常生活でも気がつかないところで役に立つことがけっこうあるものです。

今回は、背中(広背筋)を鍛えることで得られる効果やメリットについてお話ししていこうと思います。

 

広背筋を鍛えるならこれ!

広背筋を鍛える筋トレはいろいろあるが自分も実践し一番効果があると実感できたのは

 

懸垂です。


 

懸垂は広背筋を鍛える種目としてはかなりハードな筋トレになります。

初心者や筋力に自信の無い人には相当ハードルが高い。

おまけにその場でできる腕立て伏せや腹筋運動と違い場所を必要とするためなかなか懸垂を実践するのは難しい。

それでも私は広背筋を鍛える筋トレは懸垂が一番好きである。

過去にはダンベルやマシンを使って筋トレをしていたが懸垂が一番自分が望む広背筋を作ってくれた。

 

懸垂のトレーニング 

 

 

立ち技最強の格闘技と言われるムエタイの選手たちは懸垂を欠かさず実践している。

ムエタイ選手の攻撃の強さ、しなやかでありながらも強靭な肉体は懸垂から作られている。

 

 

猫背を解消し姿勢がよくなる

 

 

私は座って仕事をすることが多く、何気なく壁に掛けてある鏡を見ると自分の姿勢を見ていつも愕然としていた。

自分では姿勢よく座っているつもりがかなり前屈みになり猫背になっていることが多かった。

これは私に限らず多くの人に当てはまることではないだろうか。

猫背のように姿勢が悪いとせっかくきちんと仕事をしていてもダラけていたり、やる気が無いように見えてしまいます。

猫背を解消し、良い姿勢を保つにはやはり広背筋は必要です。

広背筋を鍛えることが背中側を引っ張り、胸を張ることになります。

広背筋の筋トレを継続することで普段から背中にも意識がいくようになり、普段の自分の姿勢を注意するようになります。

また、姿勢が悪いと肩こりや眼精疲労の原因にもなります。

 

私の猫背は本当に酷く食事中なども家族からよく怒られたものですが、私も意識して広背筋を鍛えることで猫背がかなり解消されました。

今では長時間座っていてもさほど姿勢が悪くなることはありませんし、なったとしてもすぐに自分の悪い姿勢に気づくようになりました。

私の小学生時代の担任は成績の評価をテストの点ではなく授業中の姿勢で評価をしていたくらいです(おかげで私の成績は散々でしたが…)。

今思えば姿勢というのはそれくらい大事なことなんだなと痛感しています。

 

 

広背筋を鍛えて力持ち!

力持ち=腕の筋力が強いと思っている人は多いと思います。

確かに間違いではありません。

ただこれだけでは不十分。

重い物を持ち上げるには腕の筋力だけでなく広背筋も不可欠です。

広背筋は引っ張るときに使う筋肉です。

腰を落として物を引き上げるような動作は腕の筋肉よりもむしろ広背筋の方が重要です。

広背筋が弱いと前屈みになり、腰を痛めてしまいます。広背筋が強ければ重い物でもしっかりと引き付けて体で支えることができます。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b93

広背筋を鍛えることは日常の生活や仕事にも役立つことがあるので広背筋の筋トレも意識して取り入れるようにししょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

最近、寒くなってきたのでカッターシャツの上にベストを着るようにしました。

このベストというのが黒色で厚めのナイロン製でできているのですが、私が着ていると

「ボディガードみたい」

「防弾チョッキじゃないよね!?」

(何で会社で防弾チョッキを着るんだ…)

と言われることがあります。

どうも私の後ろ姿はそんなふうに見えるそうです。これも一重に広背筋をしっかりと鍛えているおかげだと思っていますが…褒め言葉として受け取っています。

 

 

広背筋を鍛えると

 

1.立ち姿や後ろ姿、スーツ姿などの見た目が全然変わる。

特に男性であれば背中が大きくて逞しい人に見える。これだけでもかなり得をしているのではないだろうか。

 

2.猫背が解消し姿勢がよくなる。肩こりや眼精疲労の予防にもなる。

 

3.日常の思いがけないところ(荷物の持ち運びや力のいる作業など)で役に立つ。

 

この記事を書いていてあらためて広背筋を鍛えることの重要性を再確認しました。それと同時にこういう良いこともあるのだなと実感しました。

 

 

 

ただ一つだけ、

私の実体験として注意してほしいことがあります。

広背筋を鍛えていくと以前着ていた服が着れなくなることがあります。

背中や肩周りがパンパンになり、服がキツくて動きにくいのです(笑)

これも自分がしっかりと広背筋を鍛えてきた証ではありますが…。

これから広背筋を鍛えていこうと思っている人は服選びには十分注意が必要かも知れませんね。



もっともっと上に行きたいという人のために おススメTOP3を作りました。
もし、もっともっと強くなれるなら・・・
もし、もっとカッコいい奴になれるなら・・・
もし、勝てないと思っているアイツに勝てるなら・・・
もし、理想的な体が手に入るなら・・・
もし、異性にモテまくりになれるなら・・・
興味があるあなた、今すぐクリック!
もっと強くなりたい、レベルアップしたい人のためのおススメTOP3!  


 

トレーニングカテゴリの最新記事