亀田和毅 日本復帰! 兄の興毅、大毅もその才能を 認める孤高の天才

亀田和毅 日本復帰! 兄の興毅、大毅もその才能を 認める孤高の天才
 

 

 

 

 

 

 

 

「亀田和毅、国内試合復帰へ!」

このニュースを見たとき私をはじめ多くのボクシングファンが喜び胸を躍らせたことだろう。

また日本で亀田和毅の試合が見ることができるのだ。

亀田和毅と言えば亀田三兄弟の三男。





長男興毅や次男大毅と比べると知名度は低いように思うが実力は三兄弟で一番との呼び声が高い。

すでに引退をした兄二人も三兄弟の中で一番才能があると言っている。

一度はボクサーライセンスを失効し事実上追放処分となった男がまた日本に帰ってくる。

亀田和毅がどれだけ強くなっているのか、どんな試合をしてくれるのか今からとても楽しみであり今後の活躍に期待をしている。

 

亀田三兄弟で最も才能があると言われる男

亀田三兄弟と言えば知らぬ者がいないほど有名である。

長男興毅や次男大毅はリング内外でもいろいろと世間を騒がせてくれた。

その中で三男和毅を知る人は意外に少ない。

 

和毅は中学を卒業後、日本を離れメキシコに武者修行に出た。

そこでアマチュアを経てプロデビューもしている。

デビュー後の戦績は素晴らしく,日本では考えられないようなスパン(月に一試合程度のペース)で試合をし連戦連勝。

2013年8月にはWBO世界バンダム級王者にもなった。

このとき史上初の三兄弟が世界王者になるという偉業を成し、ギネス世界記録にも認定された。

 

 

 

そんな世界王者の兄興毅、大毅をして

「三兄弟で一番才能がある」

と言われているのが三男和毅である。

 

ボクサーライセンスの失効そして追放処分

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b92

 

 

 

 

 

 

2014年2月、JBC(日本ボクシングコミッション)が亀田興毅、和毅らに監禁や暴行を受けたとして損害賠償を求める裁判を起こした。

後に暴行監禁の事実はなかったとして亀田側が勝訴したのだが、JBCは亀田ジム会長とマネージャーのライセンスの更新を容認しなかった。

この処分で亀田ジムは活動停止となり、三兄弟が保持するボクサーライセンスも実質上の失効、事実上の追放処分となった。

ボクサーとして命がけで生きていくと決めた人間がそのライセンスを失うというのはどんな心境なのだろう。

自分の生きていく場所が無くなるのだ。私のようなただの会社員が転職、退職するのと訳が違う。

だが亀田和毅はこんなことでボクシングを諦めるような男ではなかった。

 

 

亀田和毅が帰ってくる!

事実上の追放処分となった和毅はアメリカに渡り主戦場とした。

WBO世界王者として防衛戦も重ね、その後ベルトを返上。

後にWBA世界バンダム級タイトルマッチに二度(2015年5月、9月)挑むも二度とも王座獲得はならなかった。

 

歯がゆい試合が続いた。

和毅の実力なら世界チャンピオンになっても何ら不思議はない。逆に不安定な状況でよく頑張っていると私は思った。

そんな国内での活動停止処分から2年以上が経ち、やっとこの日が来た。

 

 

「亀田和毅、国内試合復帰へ!」

移籍先は名門の協栄ジム。

亀田和毅の試合をまた日本でまた見ることができる。

亀田三兄弟も兄二人が引退した今、和毅一人だけになってしまった。その分、和毅には多くの期待と注目が集まるだろう。

日本での復帰戦はいつになるのか、対戦相手は誰になるのかまだ未定のようだが、元WBO世界王者でもあり協栄ジムという後ろだてもあるだけにつまらないマッチメイクにはならないだろう。順調にいけば世界タイトルマッチもそう遠くはないはずだ。

 

「待ってたよ!お帰りなさい!」

亀田和毅が目の前にいたらこう声をかけてあげたい。

 

まとめ

亀田親子は日本国内であまり良くないイメージがあるだけに三男和毅の日本復帰には反対の声もあるだろう。

だが和毅ならそんな反対の声もリング上で払拭してくれるはずである。

日本に復帰させたのもやはり期待の表れではないだろうか。

近い将来、必ず世界チャンピオンになってくれると信じている。

三男和毅は三兄弟の中であまり目立つ存在ではなかったが中学卒業後に単身メキシコに渡りその実力を磨いてきた。

後にWBO世界バンダム級王者にもなっている。

 

亀田三兄弟は兄の興毅、大毅が騒がれていたが一番の実力者は三男の和毅だと言われている。それは兄二人も認めている。

 

亀田ジムとJBCとの間でトラブルがあり、和毅は一度はボクサーライセンスを失効し、国内での活動停止処分となったが、名門協栄ジムに移籍することで日本復帰を果たした。

日本には和毅と同じ階級にWBC世界バンダム級王者の山中慎介やWBC世界スーパーバンダム級王者の長谷川穂積がいる。

二人とも日本が誇るチャンピオンである。

和毅が勝ち上げっていけばこの二人と戦う可能性は十分にある。

いや、是非戦ってほしい。

 

ただその際、困ることがひとつある。

 

日本人対決は確かに面白いがどっちを応援すればいいのか迷う。

私は和毅も二人の世界王者も大好きだからだ。

贅沢な悩みかもしれない…その日が来たらどちらを応援するかじっくり考えることにしよう。

 

  強くしっかりした体作りを行うためには、
トレーニングを続けることは超大事です。
が、食事や摂取する栄養もめっちゃ重要です。
効率の悪いトレーニングはもうやめて、
少しでも早く理想の自分になりましょう。
詳しくはこちら↓↓↓
TESTOFEN18000の効果とは?理想の体作りを加速させよう!  

選手カテゴリの最新記事