ボクシングトレーニングで強くなる!~シャドーが下手だと試合も下手くそ~

ボクシングトレーニングで強くなる!~シャドーが下手だと試合も下手くそ~
 

 

ボクシングトレーニングの、シャドーボクシングについてです。

縄跳び編をまだみていない方はそちらから見てください。

全てが意味のある練習だということを理解しましょう。↓↓

ボクシングトレーニングで強くなる!~強くなるには縄跳び必須!?~

 

 

 

 

ボクシングの練習にシャドーボクシング(以下シャドー)は欠かせません。

シャドーはボクシングの基本の練習にあたるものですが、体を温めるウォームアップやフォームの確認などいろいろな要素を含んだとても大切な練習になります。

ジムでの練習中、シャドーをダラダラと適当に行っている人を見かけますが非常にもったいない気がします。

 

シャドーをいい加減に取り組む人は良い選手にはなれません。

実力のある選手ほどシャドーを真剣に取り組んでいます。

強い選手ほどシャドーの重要性を理解しています。

シャドーをもっと真剣に、集中して取り組んでもらうために、今日はシャドーの目的や練習方法についてお話ししていこうと思います。

 

 

 

 

 

シャドーボクシングの目的

シャドーを行うことは体を温めるウォームアップ以外にも大事な要素がたくさんあります。

 

フォームの確認と修正

基本の構えを軸にパンチやステップ、体の動きを確認します。

パンチの打ち方はもちろんですが、知らず知らず身に付いてしまったクセや体の使い方を修正します。

自分ではなかなか気が付かないこともあるのでトレーナーや周囲の人に見てもらうのも良い方法です。

 

イメージトレーニング

実際に目の前に相手がいるものと想像してシャドーを行います。

自分の攻撃だけでなく、相手も攻撃してくることをイメージしながら防御の練習もします。攻撃と防御をバランスよく取り入れる。

 

調子(コンディション)の確認とモチベーションアップ

シャドーを行うことで心身の調子を確認します。

体が重く、調子が上がらないときは無理をせず練習メニューの変更も必要です。

また体調は良いが気持ちが乗らないこともあります。

そんなときはゆっくりと動きながら綺麗なフォームを心がけてシャドーをしてみてください。

これは実際に私自身も実践している方法で綺麗なフォームでシャドーをしている自分の姿を見ると

「おっ、カッコいい」

と誇らしげになりモチベーションが上がります。

気持ちが乗ってくると動きも軽快になり、良い状態の自分に持っていくことができます。

この他にも強弱をつけることでスタミナの強化にもなりますし、練習後のクールダウンにもなります。

シャドーでできないことは試合ではもっとできません。

しっかりと目的意識を持ってシャドーに取り組んでほしいと思います。

 

 

 

 

 

シャドーボクシングの基本的な練習方法

 

 

 

 

 

 

まずは基本の構え(足の位置やガードの位置)から。これができてからシャドーの練習です。

 

力まず上半身を柔らかくしながらステップを使います。

目の前に相手がいることをイメージし、攻撃と防御を考えながらステップも前後左右に動きます。

このとき基本の構えが崩れていないか確認しながら行う。

上半身をリラックスしながらパンチを打ちますが、どのパンチも同様に打ちっぱなしにならないように注意する。

打った後は相手も打ち返してくることを想定し、素早く元の構えに戻す。

パンチも手打ちにならないように気をつける。

下半身から踏み込み、力を上半身に伝える。

下半身から上半身へと動きを連動させるイメージで行う。

 

シャドーボクシングの基本

 

 

 

 

世界チャンピオンのシャドー(マニー・パッキャオ)

 

 

 

シャドーは基本的にこれの繰り返しになります。

ステップの動き方やパンチの打ち方など細かい部分はたくさんありますが、練習していけば身に付いてきますから心配はいりません。

大事なことは漠然とシャドーをやらないこと。

自分がしていることを確認しながら、考えながらシャドーを行ってください。

 

 

 

 

シャドーボクシングでの注意点

 

 

 

 

 

 

 

 

ここではシャドーの練習中、ついやってしまうことや怠ってしまうことを注意点としてお話しします。

 

左右のパンチをバランスよく打つ

得意やパンチや逆に苦手なパンチばかりに偏ってシャドーをしている人を見かけます。

得意不得意も含め左右両方のパンチをバランスよく打つように心がけましょう。

 

攻撃ばかりだけでなく防御も意識して行う

これもよく見かけますが、攻撃ばかりのシャドーになっている人がいます。

ボクシングは相手のいる競技です。

当然攻撃もしてきますので体を動かしたり、ステップを使ったりして防御の練習も意識して行ってください。

 

一にも二にも基本姿勢を忘れずに

動く際やパンチを打った後などに基本姿勢が保たれているか確認しながら練習しましょう。

何度もお話ししていますが基本姿勢はとても大事です。

これができていないとしっかりとした攻撃も防御もできません。

 

ゆっくりとダラダラは違う

シャドーをただのウォームアップやクールダウンと考えず、目的意識を持って取り組みましょう。

考えながらゆっくり行うのと何も考えずダラダラ行うのとでは身に付くものが全然違います。

このような小さいことが後に大きな差となって表れてくるのです。

 

 

 

まとめ

今回はすごく真面目に書いてみました(今までが不真面目だったわけではありませんよ…)。

私も格闘技が大好きで今でもジムに通い真剣に取り組んでいます。

せっかく自分の大切な時間を使って練習するのですから質の良い練習をしてほしいのです。

実力のある強い選手というのはシャドーボクシングひとつにしてもとても集中して取り組んでいます。

このような選手達を見ていて、毎日当たり前に行う基本練習こそ大事なことだとあらためて強く思います。

 

 

1.シャドーボクシングの目的はウォームアップだけでなく大事な要素がたくさんある。

 

2.シャドーボクシングは基本練習であるが、だからこそとても大切な練習。

漠然とやらず目的意識を持って考えながら行うこと。

 

3.シャドーボクシングのような基礎練習への取り組み方が後に大きな差となって表れてくる。

強い選手ほどシャドーボクシングのような基礎練習を大切にしています。

 

 

技術的な面での記事を書くことは自分自身にとってとても良い復習になり、発見にもなります。

普段、当たり前に練習していることが少し意識をすることで気がつく部分がたくさんあり、すごく新鮮に感じます。

あらためて格闘技って奥が深いと感じましたし、何より面白いと思いました。

記事を書いていたら俄然やる気が漲ってきました。

よーし!今日もしっかりと練習してきます!

 

シャドーを覚えたら

次はいよいよミット、サンドバッグ編にどうぞ!

ボクシングトレーニングで強くなる!~ミット、サンドバッグでより高みへ~

  強くしっかりした体作りを行うためには、
トレーニングを続けることは超大事です。
が、食事や摂取する栄養もめっちゃ重要です。
効率の悪いトレーニングはもうやめて、
少しでも早く理想の自分になりましょう。
詳しくはこちら↓↓↓
TESTOFEN18000の効果とは?理想の体作りを加速させよう!  

ボクシングカテゴリの最新記事