ボクシングの階級一覧~なぜ体重で分ける必要があるのか?

ボクシングの階級一覧~なぜ体重で分ける必要があるのか?
 

ボクシングだけでなく、格闘技はほとんどが

階級という制度が設けられています。

体重が大体同じくらいの選手同士で戦うためです。

では今回は、どんな階級があるのか、階級別の体重はどのくらいか、

なぜ階級という制度があるのか、解説していきます。

 

 

ボクシングの階級と体重一覧

ヘビー級 90.719 kg 以上 200 ポンド以上
 クルーザー級 90.71 kg 以下 200~175
 ライトヘビー級 79.38 kg 以下 175~168
 スーパーミドル級 76.20 kg 以下 168~160
 ミドル級 72.57 kg 以下 160~154
 スーパーウェルター級(ジュニアミドル 級) 69.85 kg 以下 154~147
 ウェルター級 66.68 kg 以下 147~140
 スーパーライト級(ジュニアウェルター 級) 63.50 kg 以下 140~135
 ライト級 61.23 kg 以下 135~130
 スーパーフェザー級(ジュニアライト 級) 58.97 kg 以下 130~126
 フェザー級 57.15 kg 以下 126~122
 スーパーバンタム級(ジュニアフェザー 級) 55.34 kg 以下 122~118
 バンタム級 53.52 kg 以下 118~115
 スーパーフライ級(ジュニアバンタム 級) 52.16 kg 以下 115~112
 フライ級 50.80 kg 以下 112~108
 ライトフライ級(ジュニアフライ 級) 48.98 kg 以下 108~105
 ミニマム級(ストロー級) 47.62 kg 以下 105 ポンド以下
 アトム級(女子のみ) 46.26 kg 以下 102以下

引用http://boxing.jp/data/class.htm

 

 

【怪物】井上尚弥の階級は?

 

現在はバンタム級、ライトフライ級です。

選手一人につき一つの階級でしかやってはいけないという決まりはありません。

よくテレビでボクシングや格闘技の番組を見ていると

「3階級制覇を・・・」なんて言う言葉を聞いたことがあると思います。

 

要は、その階級で決められた体重をオーバーしなければOKということです。

井上尚弥選手で例えるなら、

53.52㎏(バンタム級)から48.98㎏(ライトフライ級)まで

体重を管理し、減量したり増量したりしているのです。

 

これ、ボクサーだけでなく格闘家ならほとんどの選手がやっていますが、

とてつもなくすごいことですよね?

私は「来月までに5㎏落とせ!!」と言われても、自信がありません(笑)

彼らは闘うことだけでなく、

自分の体重を管理することに関してもプロなのです。

 

 

 

 

 

ボクシングで階級を分けるのはなぜか?

では、階級という制度を設けて体重が同じくらいの選手同士で闘うのはなぜか?

 

公平性

ボクシングだけでなく、格闘技はスポーツです。

決して殺し合いではありません。

階級もクソもなく、同じくらいの強さの選手同士で闘えば

体が大きくて重たい方が勝つ可能性が高いのは一目瞭然です。

そこで「公平」に、体の小さい選手であっても不公平にならないように

階級を分けています。

大きいやつが強いなんてこと誰でも知っていることです。

そこに公平性がなければスポーツとして成り立たないと私は思います。

 

安全性

これは当然のことですが、

選手の安全のためです。

100㎏くらいの大男が50㎏程の人を思いきりぶん殴れば、

ひとたまりもありません。下手すると死にます。

それも一方的に。

そんなのスポーツでも何でもないですし、

そんなものを生中継で放送出来るわけがありません。

 

競技人口を増やす

もし仮に、階級という制度がなくただ強いやつを決めるだけのものなら、

体の大きい人が有利なのは分かりきっていることですから

小柄な人は始める前から諦めてしまいます。

体の小さい人にもチャンスがあるとわかれば、

格闘技に取り組む人口は増えますね。

その分、才能を持っている選手がたくさん出てくるというわけです。

そうするとその競技はどんどん発展していきます。

 

業界の利益を増やす

上記の競技人口を増やすと繋がりますが、

いい選手がたくさん出てくれば、それだけおもしろい試合がたくさん出来ます。

おもしろい試合がたくさん出来れば、お客さんも集まりますね。

結果利益がたくさん取れるというわけです。

 

競技人口が増えれば、それだけ競技が一般的になって

周りとの共通言語が出来るわけです。

「昨日の試合すごかったー!!」とか「あの選手強いよなー!!」とかですね。

こうなれば、熱狂してくれるお客さんは勝手に増えていくのです。

 

団体のビジネス

競技統括団体(例えばWBA)は試合を行う時に承認料というお金が入るわけですが、

その金額は世界タイトルマッチが一番高額です。

階級がたくさんあれば、その分世界チャンピオンもたくさんいます。

ということは、世界タイトルマッチがたくさん出来て、

たくさんの承認料が入ってくるのです。

 

もう一つ、みなさんは

「太平洋で一番強いのは誰だ!?」

「世界中で一番強いのは誰だ!?」と言われるの、

どちらの方が興味が沸きますか?

世界一の戦いが見たいという意見が多数だと思います。

このように、お客さんが興味を持ってくれて、

テレビでも視聴率がいい「世界一を決める闘い」

階級の数だけ出来るのです。

それだけ業界は利益を取れるということです。

(現在世界チャンピオンが増えすぎたため、チャンピオンを減らすような動きがあるようです。)

 

 

 

まとめ

今回はボクシングの階級を体重、それを分ける理由も一緒に解説しました。

ただ単に「ぶん殴り合ったらどっちが強いか」ということだけでなく、

娯楽性やビジネスの一面も見えたと思います。

 

  1. 階級別に体重が細かく設定されており、同じくらいの体重の選手同士で闘う仕組みが出来ている
  2. 一人につきひとつの階級が決まっているわけではなく、体重を管理することで他の階級でも試合が出来る
  3. 階級が設けられたのには様々な理由があり、競技の発展だけでなくビジネスとしての背景も考えることが出来る

 

ちなみに格闘家の選手が苦労して減量するのは、

同じ体重であれば

身長や手足が長い方が一般的には有利とされているからです。

リーチが長い分、相手より先に自分の攻撃が当たる確率が上がりますからね。

※あくまでも、同じ体重であればということですね。

 

 

 

 

  強くしっかりした体作りを行うためには、
トレーニングを続けることは超大事です。
が、食事や摂取する栄養もめっちゃ重要です。
効率の悪いトレーニングはもうやめて、
少しでも早く理想の自分になりましょう。
詳しくはこちら↓↓↓
TESTOFEN18000の効果とは?理想の体作りを加速させよう!  

ボクシングカテゴリの最新記事