筋トレで一番効果的な時間帯とは?知らないと筋肉が減っていく!?

 

筋トレが一番効果的な時間帯とは?

「筋トレっていつするのが一番効果的なんだろう?」

という疑問を抱いたままトレーニングしてませんか?

時間帯やタイミングによって筋トレの効果が異なるなら、
効率的な方がいいですよね?

効率が悪くなるどころか、
逆に筋肉が減ってしまうことだってあります。
これはなんとしても阻止しなければなりませんね。

ということで今回は


筋トレが一番効果的に出来る時間帯はいつなのか
逆に筋トレをしない方がいいタイミングは?


というお話をしていきます。

この記事を読めば、意識的に効果の高いトレーニングが出来るだけでなく、
「筋肉が減るかも」という絶望からも解放されハッピーになれるでしょう!

私も時間帯やタイミングを気にするようにしてから、


「今日はなんか力が出ない…」

「いつも挙げれる重量なのに吐きそう…」


なんてのはかなり減りました。

筋トレで最も効果的な時間帯は?

結論を先に言ってしまうと、
夕方に筋トレをするのがおススメです。

なぜかというと、
夕方の方がトレーニングに適した体になっているからなんですね。

詳しい説明をすると、『自律神経』が関係します。

自律神経の2つの神経は交感神経・副交感神経とあり、
1日の中で活動する時間帯がだいたい決まっています。

交感神経は身体を活発に動かすときに働き、
「活動型・アクセル型神経」と呼ばれ
主に日中働きます。

一方、副交感神経は身体を休めて体力を回復する時に働き
「休息型・ブレーキ型神経」と呼ばれ
夜間に働きます。

「じゃあ夜じゃなくて日中ならいつでもいいのでは?」

って顔に書いてますね。
僕も最初はそう思っていました。

もちろん日中なら十分筋トレの効果を得られるでしょう。

しかし一番効果的な時間帯という話になると
やっぱり夕方をおすすめします。

体温や呼吸、心拍数、血圧などが整い
一番トレーニングに適した身体になるのが夕方 だからです。

めっちゃ簡単に言うと、


「スーパーサイヤ人になったこの俺様が最強なんだ!」

こんな感じ(笑)

一番のおすすめは夕方ですが、
朝にトレーニングを行うのもいいとされています。

海外のジムでは朝方にはランニングマシーンが埋まってしまうほど
朝トレを行うトレーニーはたくさんいるようです。

しかも大企業のCEOや成功している人ほど
朝早くに起床してトレーニングを行い、
【成功者の習慣】と言われるほどです。

そのメリットとして

  1. 基礎代謝が上がる
  2. 時間を有効活用できる
  3. 習慣化しやすい
  4. 眠気がない状態で仕事に臨める
  5. 気分が上がり楽しい1日に

などが挙げられます。

【成功者の習慣】と言われるのも納得ですね。

朝は簡単な自重トレーニングやランニングがおすすめですよ。

ちなみに僕はいつも夕方にトレーニングしますが、
休みの日は朝と夕方にすることもあります(笑)

ポイント

筋トレするなら夕方がオススメ!

筋トレをしない方がいいタイミング

次は逆におすすめ出来ないタイミングについてです。

まわり道をしたくないなら、しっかり覚えておきましょう。

朝起きてすぐ

上記で朝トレをおすすめしましたが、
起きてすぐは避けるべきです。(軽い運動ならOK)

また自律神経の話になりますが、
起きてすぐはまだ副交感神経が働いていて、
体温が低かったり、神経の伝達が遅かったりで
心臓への負担が大きくなり、怪我のリスクも増えてしまいます。

朝、目が覚めてから少しずつ交感神経が働き出すので
負荷の大きいトレーニングはそれからにしましょう。

空腹時

お腹が空いている時もトレーニングはおすすめ出来ません。

筋肉が動くためのエネルギー源は糖質です。

そのエネルギー源が吸収されていない状態だと、
そのエネルギーを補おうとします。

結果、 自らの筋肉を分解してエネルギーにしてしまうのです。

筋肉付けたくて筋トレしてんのに、自分でなくすとか地獄やん!

はい地獄です。絶対やっちゃだめです。

おにぎりやバナナ等軽くでもいいので、必ず何か食べましょう。

食後すぐ

何か食べましょうと言った矢先ですけど、
食後すぐもトレーニングはおすすめ出来ません。

ご飯を食べると消化するための働きがあることはご存知のはず。

でも実は、消化器系を動かすのは副交感神経なんです。

ご飯を食べたあと眠たくなってしまうのは
副交感神経が働いているからだったんですね。

上記と同じく、
副交感神経が働くと
心臓への負担が増えたり、怪我のリスクがあります。

というかその前に、吐く(笑)

なので僕はご飯を食べて2時間後に
トレーニングを始めるようにしています。

そんな時間がない時には、おにぎりやバナナ、
エネルギーゼリー等を摂ってジムに行くようにしています。

寝る直前

筋肉を付けるためには 栄養だけでなく、睡眠も大事 です。

寝る直前にトレーニングをしてしまうと、
交感神経が働き、体が活動型になります。

すると睡眠の質が低下し、
充分な休息が取れなくなってしまい
筋肉の成長に影響が出てしまうのです。

もちろん直前でなければ問題ないですが、
なるべく早く済ました方がいいでしょう。

ポイント

身体のコンディションに注目しよう!

まとめ

筋トレ時の時間帯やタイミングについて
これからの参考にしてもらえると嬉しいです。

僕自身もやはり効果的じゃない時間にトレーニングをすると
思うように力が入らなかったり、パンプしなかったりですが
今回お話したことに気を付けてトレーニングすれば
そんなことはほとんどなくなりました。

  1. 筋トレが一番効果的に出来るのは夕方
  2. 軽い運動なら朝でも効果的
  3. 筋トレは交感神経が働いている時に行うべき
  4. 必ずエネルギー源を補給してからトレーニングしよう
  5. 「負荷」だけじゃない、栄養も睡眠も忘れずに!

以上に注意して、
効率のいいトレーニングを行ってください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました