筋トレを継続するコツとは?習慣化する6つの秘訣!

スポンサーリンク
 

「筋トレを始めてみたけど、続けるのしんどいかも…」

と思っていませんか?

確かにしんどいし、
辛い時だってあります。

僕も筋トレを始めたばかりの頃は、
1日やって3日くらい休んで、
1日やって1週間空いて、というサボり具合でした。

「疲れるし、筋肉痛痛いし、ゴロゴロしてた方が楽やん。」

こんな事思いながら、
ちょろちょろしてた程度なので
そりゃ、もちろん筋肉なんか付きません。

でも続けることは
最初は辛いですけど慣れればそれが当たり前になります。

習慣にしてしまえば楽勝です。

しかし、それまでがなかなか・・・

ということで今回は、
筋トレを継続するコツ、続けるための秘訣のお話をします。

この記事を読めば、
習慣にするまでの辛い期間を乗り越え
意識しなくても筋トレを続けられるようになり、理想の身体へ近づく事が出来ます。

何をやっても三日坊主だった僕ですが、
筋トレはしっかり習慣化出来ているので
是非参考にして欲しいと思います。

逆に3日坊主で終わってしまうと

  • 続けないと効果は得られない
  • 今までの努力が無駄に
  • 『継続』の偉大さが分からず、
    何をやっても中途半端
  • 人生変わらず今のまま

という事になってしまいます。

「変わりたい」

と本気で思うのであれば
今回の内容は参考になると思います。

筋トレを継続する6つの秘訣

筋肉は1日トレーニングしただけでは絶対付きません。

筋肉を付けるために何が一番大切かと言うと“ 続けること ”です。
そこは必ず理解してくださいね。

1.とりあえずやってみる

「今日はなんだか気が進まないな」

「今日は疲れたし、また頑張ろう」

と思ってしまうことは
誰だってあるでしょう。
もちろん僕だってあります。

仕事で遅くなってしまったり、嫌な事があって気乗りしなかったり
筋トレを休む理由は考えればいくらでも出てきます。

しかし、そう思った時こそがチャンス!

ここを乗り越えれば、 筋トレ習慣化計画の成功率はグッと上がります。

疲れたり嫌なことがあったりすることは誰にでもあることですが、
その度に休んでいては習慣化なんて到底出来ません。

そんな時こそ、
スクワットを10回やってみてください。

え?今日は疲れたから?

気が乗らないから?

一旦置いといて、
とりあえずやってください。

・・・どうですか?やる気出ました?
とりあえずやってみると、少しハードル下がるでしょ?

コツ、と言うにはシンプルな内容ですが、
大切なことです。

どれだけだるくても、
少しやってみると楽しくなってきて、
テンション上がって
「やばい筋トレ超楽しい。」
となるわけです。

「今日はちょっと…」
と思った時こそとりあえずやってください。

ジムに行く人はとりあえず
行くだけ行ってみて、
自宅トレの人はとりあえずスクワットしてください。

習慣化はここから始まります。

2.予定を組んでおく

あらかじめ筋トレを予定として組み込むと習慣化しやすいです。

なぜなら、確定した予定として頭に入れていると
優先度が高くなるからです。

「暇で元気な時にやろうかな」
という考えでは、
どうしても甘えてしまうし
遊びやダラダラが勝ってしまうこともあります。

なので自分で予定を組んで、
それをなにがなんでも実行しましょう。

友人との約束は守れるのに、
筋肉との約束は守れないのはダメですよね?

例えば朝起きた時に、
「今日は〇〇時からこのトレーニングをする」
と決めて予定に組み込んだりするといいですね。

そうすれば
その時間に合わせて行動するので
時間も空けれるし、優先度も高くなります。

コツをつかんできたら
1週間分の筋トレ予定を
立ててしまうのもいいかもしれませんね。

3.目標や憧れの存在を見つける

目標にしたい身体のモデルや、
憧れのフィットネスモデルを
スマホやパソコンの壁紙にしたり、
目に付く場所に貼ったりするとモチベーションが上がります。

見ていてテンションが上がるモデルとか、
かっこいいと思う人をSNSなどでフォローして筋トレ意識を高めましょう。

ちなみに、女性ですが
見ててめっちゃモチベ上がるのがこちら↓


筋トレをしている様子の動画もあるので
是非見てください。

これを見れば必ずテンション上がります!
これで今日も頑張れます!

4.周りの人に宣言する

家族や友人、恋人などに
「筋トレして理想の身体になる!」
と宣言してみるのもいいでしょう。

言ってしまった手前、
すぐには辞められないですよね?

その状況を自分で作ってしまうんです。

わざと逃げ道をなくして自分を追い込むと
人って意外と行動できるようになります。

宣言するだけでなく、一緒に頑張る相手を見つけるのもいいかもしれません。

互いを励まし合いながらなら
辛くても筋トレを継続出来るはずです。

筋肉や食事について語り合う仲間がいると
モチベーション維持しやすく、やる気になります。

5.お金をかける


お金をかけることで筋トレを続ける意識が生まれます。

だってお金かけたらもったいないですからね(笑)

人はお金をかけると
「払った分取り戻さないと!」
という思いが強くなり、頑張ってしまうように出来ています。

具体的には、フィットネスジムに入会する、プロテインを定期購入する、
運動用の服を買いそろえるなどがいいと思います。

思い切ってパーソナルトレーニングを申し込むのも効果的な手の一つですね。

理想の身体が手に入り、
自信が付き人生が変わるなら
安すぎる投資じゃないでしょうか?

コスパ良すぎ。

6.習慣と組み合わせる

既に習慣になっていることと
組み合わせることで
新たな筋トレ習慣が身に付きます。

例えば、
歯磨きをする間はスクワットをすると決めたら歯磨きする以上、スクワットもしなければいけません。

歯磨き・・・しますよね?(笑)

今の生活で毎日継続出来ていることを思い出してください。

なんでもいいんです。
パソコンを立ち上げている間に腕立て伏せをしたり、
テレビを見ながら腹筋をしたり、出来ることはあるはず。

自宅トレーニングの方は
これでかなり習慣化出来るでしょう。

ジムに行く方は、
問答無用で行ってください。

ジムに入ってしまうと、
ボーっとするわけにもいかず、
筋トレせざるを得ない状況になります。

「仕方ないからやるか…」
と始めてみるとやる気が出てきて、気付けば本気になっています。

ポイント

人間の意志力は弱い。習慣化出来るまでは自分を追い込もう!

習慣化したいなら一つでもいいから取り入れて!

今回は筋トレを続けるコツ、秘訣のお話でした。

やはりどんな小さなことでも、
“継続する”ということが何よりも重要です。

価値のあるものは、対価なしには手に入りません。

努力と継続が習慣になったときにはじめて、
身体や気持ちに変化が現れます。

もう一度、筋トレを継続するコツをおさらいしましょう。

  1. とりあえずやってみよう
  2. 筋トレを予定として組み込もう
  3. 目標や憧れの存在を見つけよう
  4. 周りの人に宣言しよう
  5. お金をかけて、逃げ道をなくそう
  6. 既に習慣になっているものと組み合わせよう

努力と継続の先にこそ結果が付いてくると僕は考えます。

あなたも筋トレ習慣化計画を成功させて、
理想の身体と理想の人生を手に入れてください。

 

コメント