【初心者用】筋トレが超捗る3つのツール

スポンサーリンク
 

僕は筋トレを始めてもう1年以上経ちますが、
筋トレのために揃えた物がいくつかあります。

「これはあんまいらんかったな…」と思う物もあれば、
「これはマジで捗った!買って正解だった!」という物も。

なので今回はこれから筋トレ始める人や
まだ始めて間もない初心者さんに向けて
「これは持っとくといい!」という物をピックアップします。

よかったら参考にしてください。

プロテインシェイカー

これはプロテインやワークアウトドリンクを作る時の必須アイテムです。

僕は最初シェイカー持ってなかったんですが、
コップに入れてスプーンで混ぜて、混ぜて、混ぜて、、、。

とにかくプロテイン作るのが面倒くさくて、
「今日は飲まんでいっか!」とかなったりしてました。

その点シェイカーがあると、
作るハードルが鬼低くなるので結果ちゃんと飲めます。

これはおすすめというより必須アイテムですね。

リストストラップorパワーグリップ

これは握力を補助して欲しい時に使います。

主に背中の日に使う事が多いんですが、
デッドリフトとかラットプルダウンとかする時に
背中の筋肉より先に握力に限界が来てしまって
背中が追い込めないという事件を防いでくれます。

特にデッドリフトの時なんかは重くなりがちなんで
素手だけでやってると先に握力がなくなって背中に効きません。

これは個人差があると思うんですが、
僕はデッドリフトの時は120キロくらいを超えると
握力を維持するのに意識を持っていかれて、
背中の筋肉に全集中するのが難しくなります。

そこでリストストラップやパワーグリップを使えば、
握力がなくなって持てなくなる心配がなくなるので
しっかり背中を追い込めるし、背中に集中してトレーニング出来ます。

リストストラップは握力の補助はバッチリですが、
バーに巻きつけるのにどうしても時間がかかってしまいます。

あとはマシンの持ち手の素材がゴムとかだったら、
かなり巻きづらいです。というか上手く巻けません。

パワーグリップは握力の補助こそ
リストストラップに劣りますが、
セットアップの速さは抜群です。

そして引く系(主に背中)に特化したリストストラップに対し、
パワーグリップは押す系の種目でも使用する事が出来ます。

用途や目的によって使い分けましょう。

イヤホンorヘッドホン

筋トレ中に音楽を聴く為のアイテムはあった方がいいです。

大体のジムでは音楽が流れているので
「それでいんじゃない?」と思うかも知れませんが違うんです。

ジムで流れてる音楽って確かに運動向きの
軽快な音楽を流している所がほとんどですが
それはあなたのテンションとやる気を極限まで上げてくれますか?

人によってテンションの上がる音楽って違いますよね。

HIPHOP、EDM、ポップ、ロック、ヘヴィメタルなど色々ありますが
自分にバッチリ合った音楽はなかなか流れてきません。

「なら、自分で選んで聴いたらいいやん!」と、いうわけです。

ちなみに僕は基本的にHIPHOPでアガるので、
J-HIPHOPとエミネムを聴く事が多いです。

あともう一つ言うと、
周りの音を遮断した方がトレーニングに集中出来ます。

ジムに行けば他にもトレーニングしている人がいる訳ですが、
重りをセットする時の音とか力んだ時の声とかで
なかなか集中力を削がれる事があります。

でも音楽聴いてたら自分の事だけに集中出来るので、
より効果のあるトレーニングに繋がります。

イヤホンかヘッドホンは好みもあるのでどっちでもいいと思いますが
Bluetoothは絶対必要です。

線があるとトレーニング中に絡まったりダンベルに引っかかってしまったりして
集中力が途切れてしまい最悪です。


なので必ず無線の物から選んでください。

ただ、ヘッドホンだと致命的な問題があり、
トレーニング中の汗でイヤーパッドがボロボロになり、汗臭くなります。

せっかくお気に入りの音楽を聴いてトレーニング出来るのに、
ボロボロで耳が痒かったり汗臭かったら嫌ですよね。

僕は嫌です。

なのでヘッドホンにするなら、
トレーニング用に作られた物がいいと思います。

これならイヤーパッドを取り外して洗えるので
かなり便利かと思います。

てかその前にアンダーアーマーってだけでかっけー。

 

コメント