トレーニングジムを選ぶ基準は「通いやすさ」を1番にするべき

スポンサーリンク
 

ジムに通おうかと思っているけど、選び方がわからない。
判断するべき基準は何がある?
どんな種類のジムがある?

今回はこんな質問にお答えします。

結論は題名の通り、通いやすさを重視するのがいいかと思うんですが、
後で詳しく説明していきます。

トレーニングジムにはどんな種類がある?

トレーニングジムと言っても何種類かに分けられ、
それぞれ目的や趣旨が微妙に違ったりします。

そもそもどんな物があるのか?いくつか紹介します。

公営ジム

市区町村などの自治体が運営しているジムです。

なんとか運動公園とか
なんとか体育館とかによくあるトレーニング施設ですね。

公営ジムの良いところはとにかく利用料金が安いことです。

一回数百円で利用できて、その都度お金を払えばいいので
たまに行くくらいなら1番安く済みます。

僕も筋トレを始めたばかりの頃は
近くの公営ジムでトレーニングをしていました。

ただ、器具が古い。

場所によるんでしょうが、
僕が行ったいくつかの公営ジムは全て器具が古いやつでした。

あともう一つ、シニア世代が多い。

おじいちゃんおばあちゃんが健康のために
運動するのは大変素晴らしい事なんですが、
そこに混ざっていってもモチベーションはあまり上がりません。

それらを気にしなければ、
普通にトレーニングする分には充分だと思います。

総合ジム

総合ジムは筋トレ、カーディオマシンの他に
スタジオがあったりプールがあったり
大浴場やサウナまであるのが特徴です。

なんと言っても出来る事の幅広さが総合ジムの良い点なので
筋トレだけでなくいろいろやりたい方におすすめです。

施設が大きく出来る事も多い分、
月額の料金も少し割高になってます。

そして営業時間があるので、
仕事や生活スタイルの関係で
夜中や早朝にトレーニングしたい方には向きません。

24時間ジム

こっちは施設の広さやプールなどがない点で
総合ジムに劣りますが、ウエイトトレーニングに特化して
なおかつ24時間いつでも利用出来るとても便利なシステムです。

時間を気にしなくていいので、
深夜や早朝のトレーニングも可能です。

僕自身この24時間ジムに通っているのですが、
深夜に行くとたまにほぼ貸し切り状態になってて
めちゃくちゃハイテンショントレーニングが出来ます。

ただこの深夜や早朝の時間帯は
スタッフの方がいなくなるので、
不安に思う女性の方にとってはデメリットになるかもしれません。

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーナーに1対1で指導してもらえる、
超本気の方向けのジムです。

トレーニングメニューから食事管理まで
細かい所まで教えてもらう事が出来ます。

短期間で成果を実感したいなら
このパーソナルトレーニングジム一択ですが、
他のジムに比べると料金が鬼のように高いのが難点です。

まあトレーナーが1対1で付いてくれるので当然ですが、
20~30万円くらいが相場と言われています。

僕も1度はパーソナルを受けてみたいですね~。

重視すべきは「通いやすさ」

何個かジムを紹介したので
目的にあったジムを見つけて欲しいのですが、
ここからお話する事が今回1番言いたいことです。

ジム選びで1番重要視すべきなのは、
通いやすさです!

どんなに最新の設備で整った環境でも、
行かないと意味がないし、続けないと効果は現れません。

トレーニングの知識とか食事の知識とか
今の時代調べたらたくさん出てくるんですが、
そんなものはトレーニングを続けない人には無意味です。

「継続」って1番シンプルだけど、1番大事な事です。

なのでまずはそこに全力を注ぐ事をおすすめします。

実際僕は筋トレを始めたばかりの頃は
公営ジムにたまに行く程度でした。

でも安いとは言え行くたびお金がかかるので、
少し足が遠のいていたのです。

「まあ今日は・・・またでいっか!」

みたいな感じです。

今思えば超もったいない時間でした。

早く本気になってれば、もっと早く
筋トレの楽しさ、効果の大きさに気づいていたのに。

そして2ヶ月くらいして、
月額の24時間ジムを契約しました。

家の近所で、めっちゃ通いやすいとこでした。

そしたら公営ジムの時は週に1,2回くらいだったのが、
週4,5回くらい通うようになったんです。

もう月のお金を払ってるから、
行かんかったら損よな?て感じで、
どんどんジムに行く頻度が増えました。

そしたら身体もどんどん変わって、
「筋トレすげー!」になったという訳です。

なので通いやすさ、通うモチベーションを
1番に考え、続けられる事を前提にしてください。

そうすればあなたの身体も
変化していくはずです。

 

コメント